診療内容

産科

妊婦健診、分娩、産後ケア

婦人科

月経トラブル、がん検診、不妊症、性感染症、帯下異常、更年期障害、外来手術(流産手術、人工妊娠中絶術)

自費診療

医療脱毛、レーザーフェイシャル、点滴療法、超音波骨密度検査、オーソモレキュラー栄養療法

詳しくはこちら

妊娠前健康診断

詳しくはこちら

オンライン診療

<対象>
・一部検査結果の通知(外来受診時にご案内します)
・再来の方で、診察のご希望が無く薬の処方のみご希望の場合
・緊急避妊ピル処方

当クリニックの分娩の特徴

特定の方法に固執せず、出産される方やご家族にとって最善な分娩・育児を目指します(妊婦健診の付き添いや、分娩立ち合いは可能です)。

・ソフロロジー式分娩を導入し、母子ともにストレスの少ない分娩を目指します。
・和痛分娩(局所麻酔(陰部神経ブロック)による):硬膜外麻酔ほどの鎮痛効果はありませんが、比較的安全な局所麻酔によって痛みが最大半分程度に緩和されることが見込め、母子ともに負担軽減につながります。予約は不要で、費用は1回あたり5,000円を予定しています。詳細は分娩予約後にご説明します。
・骨盤位(さかご)外回転術:骨盤位による帝王切開術の回避のため、当院で分娩予定の方のみ行います。

分娩費用について

分娩費用の目安:出産後支払い費用 10万円〜(別途、分娩予約時に予約金5万円が必要となります。)

・母子手帳を既にお持ちの方は、初診時もしくは2回目受診時に分娩予約金をお支払いください(クレジットカード対応)。
・原則、出産育児一時金直接支払制度利用となります。
・追加料金が必要な個室もあります。他、分娩の時間帯、手術等により加算あり。
・里帰り分娩の方は分娩仮予約を申し込みの上、妊娠34週までに当院を受診してください(予約金のお支払いは里帰り受診時で構いません)。可能であれば、里帰り受診前のなるべく早い段階で一度受診してください(ソフロロジー法、分娩の流れについてのご説明と、施設内のご案内を行います。

分娩仮予約

◆対象:分娩予定日が2024年5月23日以降の方で、ハイリスク基準に該当されない方(以下のハイリスク基準を予めご確認ください。)

◆ハイリスク基準
・多胎(ふたご、みつご等)
・高度肥満(※BMI 30以上)
 ※BMI = 体重 (kg) ÷ 身長 (m) ÷ 身長 (m)
 例:身長 155cm, 体重 60kgの場合 BMI = 60 ÷ 1.55 ÷ 1.55 = 25.0
・高血圧、心臓病、糖尿病、脳疾患、腎疾患、肝炎合併妊娠の方
・抗精神病薬を多剤内服中の方
・妊娠中に喫煙・アルコールを止めることができない方
・胎盤位置異常(低置胎盤、前置胎盤)のある方
・3回以上の帝王切開既往のある方
・分娩予定日に43歳以上になる方

他、当院にてハイリスクと判断した方は高次機能施設へ紹介させていただきます。

    必須分娩予約日

    ※2024年5月23日以降の日付でご記入ください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須年齢

    必須ご住所

    必須お電話番号

    必須メールアドレス

    ご質問

    必須

    お問い合わせ

    TEL:0250-23-1103